• ホーム
  • SNS(twitter,facebook等)の効果とは?

SNS(twitter,facebook等)の効果とは?

facebookやtwitter、最近ではこれにInstagramなどを加えたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とSEO効果を巡って検討される機会が増えてきました。なかでもSASマーケティングなどの、facebookやtwitterを舞台にしたマーケティング活動などが盛んに実践されるようになりました。

SNSマーケティングとは、facebookやtwitterなどのSNSを用いて、企業や商品・サービスなどに対する顧客やファン層のロイヤリティを高めるための活動のことを指しています。SNSを通じて、企業と顧客が直接コンタクトを持つことで身近な存在になって共感を生み出します。一連の反応や強化をエンゲージメントと認識して、エンゲージメント効果をもたらすことが、最終的にはロイヤリティ効果をもたらすと考えます。それぞれのサービスの特性やコア層のペルソナに応じて、Instagramのように画像中心のサービスをあえて利用する場合もあるようです。

従来のSEO対策では検索エンジンを活用してのトラフィックの流入や、検索エンジンによるインデックス評価を高めることが重視されてきました。これに引き換えSNSでは、アカウントを取得したユーザーが書き込みや感想などを投稿するというスタイルになっている点に特徴があります。

従来はfacebookやtwitterなどを活用してもSEO効果はないと考えられてきました。それはfacebookやtwitterにはnofollow属性が付与されていたので、検索結果表示には直接影響を与えないシステムが構築されていたからです。
ところが検索内容などがfacebookのアカウントで共有されたり(バズられる)、結果的にトラフィック数の増加や外部サイトで参照される機会も増えるので、間接的にSEO効果を期待することも出来ます。具体的にはfacebookのマイページで自サイトを宣伝して広告なども打って、ユーザーの注意を喚起すれば、より多くのユーザーから”いいね”の獲得や、投稿上で共有される機会が増えることになります。
その結果外部サイトで参照される確率も高くなるので、最終的には被リンクなどの効果も期待出来るので運用方法によっては高いSEO効果を期待することも可能です。同時にSNS経由でのアクセス数も増えやすくなるので、広告宣伝の運用方法としてSNSを利用するのも一案です。

関連記事
人気記事一覧