• ホーム
  • 相互リンクは効果的なの?

相互リンクは効果的なの?

被リンク数の数の多さは、Googleなどの大手検索エンジンがインデックスしたコンテンツを評価するときの指標の一つになっています。SEO対策に真剣に取り組んでいる管理者の方々にとっては、少しでも被リンク数を多くさせたいとの希望を強くもっているのは確かです。SEO対策の王道から言えば、コンテンツや記事の数をそろえてクオリティを高めることが基本になります。ところが記事の内容にユーザーが共感をもって自然な被リンクを張ってくれるのは、それぞれのユーザー任せの部分になるので不確実性が高いといえるのです。そこでリンクを付けることを目的にしたサイトなどが登場するのは自然な流れと言えます。何らかの形で互いにリンクを取り合う相互リンクは、SEO対策において効果的なアプローチを可能にするのでしょうか。

そもそも相互リンクとは、お互いにリンクを設置して、自サイトを掲載しあう行為を指しています。一般的に言えば相互リンクは、被リンクを獲得する点だけに焦点をあてれば効果があるのは確かで、検索順位の上昇などの効果を期待することが出来ます。しかし注意が必要なのは、検索エンジンのガイドラインに違反しペナルティを受ける可能性があることです。代表的な検索エンジンのGoogleのガイドラインでは、”過剰なリンク交換や相互リンクのみを目的にしてパートナーページを作成”することが違反事由に該当するとされています。

相互リンクを目的にしたパートナーページ作成とは、具体的にはブログランクのランキングサイトのように外部サイトへのリンク集のみを羅列列記したようなページをさしているのです。ブログランクを上げるためのウェブサイトなどへのリンクは、ウェブサイトを訪問するユーザーの利便性には繋がらないので、ガイドライン違反でペナルティを受けるリスクがあります。さらに相互リンクを行うことで利便性を無視した、サイトからリンクを受ける可能もあります。

ペナルティ違反のリスクを回避しながら、相互リンクを行う方法としては専門性や取り扱い対象が類似しているサイトに依頼する方法があります。関連性の高い分野を扱うウェブサイト同士でリンクすることで、コンテンツ内容も参照性が高まり、シナジー効果を期待することが出来ます。相互リンク依頼をする際にポイントになるのは、専門性と利便性の高さを期待できると評価できるのか、という点にあります。リンク張りを自己目的にしたウエブサイトは利用せず、関連性が高く内容の親和性も高いところと相互リンクを行うのが効果的で安全です。

関連記事
人気記事一覧