• ホーム
  • リスティング広告は効果がある?

リスティング広告は効果がある?

WEBマーケティングでは、自社で獲得したドメインでWEBサイトを運営して、検索結果の最適化を目指してSEO対策をとるのが一般的です。この時にポイントになるのが、検索エンジンのクローラーによるコンテンツのインデックスとその評価、ユーザーにとっての有益性などが重視されました。
ユーザーでもクローラーでも、自サイト側で直接コントロールできない部分で共通しています。キーワードをもとにしてコンテンツを作成することで、ある程度ユーザーのペルソナを想定できますが、目論見どおりの結果を得るのは容易ではありません。そこに対策を立てる所以があるわけですが、サイト側で検索結果をカスタマイズする方法も存在しています。それがリスティング広告と呼ばれるものになります。

リスティング広告とは、検索結果に連動して表示される広告のことを意味しています。ユーザーが検索しているキーワードに関連性の高い検索結果にあわせて表示されるので集客効果が高いのが特徴です。表示される場所は検索結果の表示ページの最上部と下部になります。リスティング広告はキーワード単位で出稿できるので、ユーザーの興味の高い商品やサービスなどを具体的に想定されるので、検索ボリュームの小さいキーワードに関するものでも集客効果などのコンバージョンに繋がる可能性が高いのがメリットです。ユーザーがクリックして初めて課金される仕組みになっているので、予算や目標に合わせた形で、サイトに誘導することも可能になっています。そしてクリック単価が明確なので、アクセス解析などでレスポンスをすぐに分析することも可能です。

他方でSEO対策では検索結果上位に表示させること自体が手間も時間もかかる作業で、新規ドメインでは数ヶ月程度検索結果に反映されないことも珍しくないのです。これに対してリスティング広告では、GoogleやYahooなどの関連会社の審査を通過すればすぐに、運用を開始することが出来ます。WEBマーケティングのうえでは自サイトでキーワード選定などを行えるので、商品やサービスなどの集客につなげたい情報を検索結果上位に表示できるのは、SEOにないメリットなのは確かです。

しかしリスティング広告では必要な情報を掲載することができるといっても、検索ボリュームの大きなキーワードでは入札金額が高額になり、事実上使用制限される場合もあります。だからといってニッチなキーワードでは検索の対象にならないこともあり、キーワード選定が難しいのが、リスティング広告の難点と言えます。

関連記事
人気記事一覧