• ホーム
  • ブログ内コンテンツからのリンクは効果がある?

ブログ内コンテンツからのリンクは効果がある?

パソコンを使う男性

WEBサイトやブログを運営するなかで、SEO対策の重要性を認識している方は多いはずです。SEO対策においては外部対策と内部対策の両者があります。被リンクなどの数や品質は自分の手を離れた領域で変化するため、Googleなどの大手検索エンジンのクローラーや、検索してページに辿りついたユーザーなどからの評価を獲得するために、コンテンツ内容や数の充実に努めることに視点が向きがちです。
被リンクなどは、SEO対策においては外部対策に属するものです。

これに対してWEBサイトやブログの内部対策は、自分でコントロールできる分野なので軽視されがちといえます。内部対策(内部リンク)とは、同じドメイン内部でページとページをつなげるもので、関連性の高いリンク先を設置することで、ユーザーが必要としている補足説明を容易にするのでユーザービリティを高めることに繋がります。ところでGoogleなどの検索エンジンのクローラーは、内部リンクなどを手がかりにコンテンツをインデックスしているので、実は内部リンクを充実することは、SEO効果を高める上でも無視できない要素になっているのです。

例えば関連コンテンツを、同一のページ内に配置していても、ユーザーにとって必要としている情報からはかけ離れている情況もありえるので、ユーザーが詳しく参照したい問題については内部リンクを添えることで利便性が高くなり、クローラーのインデックスも容易にできる訳です。元来ユーザーは必要な情報だけを目的にしていることも多いので、ユーザー目線で内部リンクを構築することが効果的な内部対策を可能にします。

まずブログを含めてユーザー目線で構築するには、グローバルメニューを設置することは必須です。ブログではカテゴリに相当する部分ですが、複数の分野にわたる場合はカテゴリの選定自体も見直すべきかもしれません。タグを活用したり、シンプルで複雑になりすぎない階層構造など、ユーザービリティを常に心がけることです。
とりわけ重要なのは、テキストリンクです。画像であってもalt属性を付与することである程度対応できますが、内部リンクはユーザーだけでなく検索エンジンのクローラーのインデックスの一助の側面もあるので、内部対策ではテキストがあくまで基本になるわけです。またユーザーがどのページにランディングしても、位置関係を容易に把握することを可能にするのがパンくずリストになります。カテゴリ名がそのままキーワードになるので、パンくずリストの作成ではカテゴリ名が非常に重要です。

関連記事
人気記事一覧